MATRIX-F

プロセス用近赤外分光計: MATRIX-Fシリーズ

MATRIXシリーズは過酷な現場環境に耐えうる新世代のフーリエ変換近赤外分光計(FT-NIR)です。
コンパクトな筐体の中に高精度かつ堅牢性に優れた分光器を内蔵。
プロセスをコントロールする際に必要な工業用通信プロトコルをフルサポートしています。

 

 特長

  堅牢、コンパクトな設計でメンテナンスも容易

  振動に強い高精度RockSolid光学系を採用

  高精度オンライン、アトライン分析に対応

  光ファイバーを6ポート接続可能な光学マルチプレクサーを内蔵

  多種多様なプローブヘッドが接続可能

  各種工業用通信プロトコルに対応

 

 MATRIXシリーズ ラインナップ

MATRIX-F

光ファイバーを 6 ポートまで接続できる、多点のオンライン、インライン測定に対応したモデルです。拡散反射プローブ、透過測定プローブ、非接触拡 散反射ヘッド、フローセル等の各種測定プローブの接続が行えます。

MATRIX-I

アトラインでの QA/QC 分析に最適な積分球内蔵モデルです。積分球は拡散反射測定が容易かつ効率的にできるように設計されています。 穀粒や種子などの不均一なサンプルについて、大口径の標準カップを用いることで、高精度な測定を簡単に行うことが可能です。

 

Learn more

  アプリケーションノート:

  • 近赤外分光法 (NIR) によるイソシアネート基含有率のオンライン定量分析
  • ポリエステル樹脂製造中の酸価と水酸基価の オンラインモニタリング
  • ポリウレタン製造中のイソシアネート量の オンライン・モニタリング
  • topへ戻る

    ブルカーのFT-IR、FT-NIR、ラマン製品等に関するお問合せ

    カタログ請求・お問合せ

      カタログ請求

    サポート・修理窓口

      サポート・修理窓口