株式会社モリタ、ブルカージャパン株式会社共催セミナー

自動車分野を中心とした工業材料におけるFT-IR活用法

 

異物分析・前処理から排ガス分析まで、トータルソリューションをご提案します!

赤外分光光度計(FT-IR)は、各種分析機器の中で汎用性も高く、操作性、メンテナンス性にも大変優れた装置です。
このたび、ブルカージャパン(株)オプティクス事業部と(株)モリ タでは、このFT-IRに特化し、最先端装置の紹介と、その応用例、また装置性能を最大限に 生かす為の各種前処理技術や豊富なツールを、実演を交えながら東海地区のお客様を中心にご覧頂く場として、本セミナーを開催させて頂く運びとなりました。

- 日時
- 会場
- 参加費
- 定員
- 対象
- 講演内容
- 主催  

2018年6月21日(木) 13:00 − 17:00  ※受付開始 12:40
名古屋ダイヤビルテック1号館
無料
30名(先着順)
自動車業界で研究・開発・品質管理に携わっている方
下記参照
ブルカージャパン株式会社、

● 挨拶
13:00〜13:10

株式会社モリタ 取締役社長 森田 乾嗣

● 講演1
13:10〜13:55
ここまで進化!最先端の顕微FT-IRシステム「LUMOS」&「HYPERION」の紹介と測定事例
ブルカージャパン株式会社 オプティクス事業部 松原 智之

優れた操作性と高い分光性能を併せ持つフルオート顕微FT-IR「LUMOS」と、顕微ラマンに匹敵する高分解能イメージング測定が可能なリサーチグレード顕微FT-IR「HYPERION 3000」について紹介します。また、今回は「LUMOS」の実機を用いて、ライブで微小物の測定をご覧頂きながら、その操作性と機能を説明させて頂きます。

● 講演2
13:55〜14:25
異物分析や試料調整に役立つ前処理ツール、解析データベース等のご紹介
株式会社エス・ティ・ジャパン 岸 靖之

FTIRや顕微IR、顕微鏡における前処理などで有効な前処理ツール、お役立ちツールについてご紹介致します。また、好評を頂いている異物やプラスチックの添加剤データベースについてもご紹介させて頂きます。

● 講演3
14:25〜14:55
ハイロックス製デジタルマイクロスコープのご紹介
株式会社ハイロックス 溝上 源

FTIRや顕微IR、顕微鏡における前処理などで有効な前処理ツール、お役立ちツールについてご紹介致します。また、好評を頂いている異物やプラスチックの添加剤データベースについてもご紹介させて頂きます。

コーヒーブレイク

● 講演4
15:15〜15:35
自動車業界から注目を集める高感度・低価格ガス分析用FT-IR Bruker Optics MATRIX-MG
ブルカージャパン株式会社 オプティクス事業部 中畝 大介

日本の自動車業界におけるガス分析用FT-IRメーカーは、固相・液相サンプル向けの汎用FT-IRのメーカーに比べ限られており価格の高留まりの原因になっています。汎用FT-IRメーカーのグローバルプレイヤーであり、かつ大気観測・火山観測でも世界的な評価の高いBruker Opticsが2016年にプロセスガス分析計をリリースしました。自動車業界の皆様に高感度・低価格ガス分析用FT-IRをご案内いたします。

● 招待講演
15:35〜16:35
異物分析とガス分析におけるFT-IR活用法
ジャパン・リサーチ・ラボ 代表 奥村 治樹

多くの分野で利用されている赤外分光法において、様々な産業分野で問題となる異物の同定解析および、自動車産業等で重要となるガス分析について解説する。異物分析では、様々な試料前処理やサンプリングテクニックと共に、主に顕微IRを用いた異物分析のコツやポイントを事例と共に紹介する。また、ガス分析については基本的な測定方法等に加えて装置選定のポイントなどについて解説する。

(略歴・その他兼務等)
博士(工学)
大阪産業大学 情報システム学科 非常勤講師
大阪市産業創造館 技術・経営相談員
滋賀県産業支援プラザ 相談員
京都産業21 専門家相談員

16:35〜16:40  謝辞 / 閉会

16:40〜17:00  質疑応答及び展示品見学

カタログ請求・お問合せ

    ブルカー・オプティクスのFT-IR、FT-NIR、ラマン製品等に関するお問合せ
    TEL: 045-450-1601
    ※平日9:00-17:30

サポート・修理窓口